2007年04月02日

お悩み相談

うわわわわわ!!お悩み相談が続くと書いておきながら
すっかり、時間がたってしまいました。
すみません・・・・
もちろん、仕事していました。特に近況も書くことがないくらい・・・
そんなわけで、早速質問に答えたいと思います。

面白い質問。かおさんから

まゆたんお元気ですか?
先日ブログに結婚について書かれてありましたが、
まゆたんはどんな人がタイプなんですか?
私の彼が、どうしても聞きたいらしいです(笑)
彼いわく、「ぜったい咲也みたいな人だよ!」と言ってましたが、
たしか前にまゆたんは
「タイプ的には黒龍だけど現実的には地龍」と言ってましたよね(^^)
それとも、今は秋羅たんみたいな年下でカワイイ感じが好きですか?


あははは!!好みのタイプですか・・・
好みって歳で変わるんだって最近思ったんですよ。
でも、今も昔も咲也じゃないですね。
どっちかっていうと、咲也になりたかったんです。新條。(爆)
男の子に生まれて、バンドのボーカルやって、
女の子にキャーキャー言われてみたかった。ほんと、咲也がうらやましい(笑)
今は・・・そうですね・・・
守ってあげたいタイプ。幸せにしてあげたいなと思える人かな。
それって、男の台詞じゃん!って感じですね。(笑)でもちょっと違うんですよ。
なんかこう、はかなげで、頼りなくて、へたれな人が好きってわけじゃなくて
仕事がんばってて、いつも気を張っていて、一生懸命で、
守るものがたくさんある人を見てると、逆に守ってあげたいなと。
支えてあげたくなりますね。
そんなわけで、仕事が出来る人が好きです。
10億の財産を相続したお坊ちゃんより、会社で成績トップの営業マンのほうがいい。
今も昔も変わらないことが一つ。
これは、テレビでも、雑誌でも、いろんなところで昔から言ってることですが
「わたしを3番目に持ってきてくれる人」です。
もう、絶対条件。たぶん、一生変わらない。
どういうことかというと、
優先順位が1番に仕事、2番に友達、3番目に新條というわけです。
仕事が出来る人が好きなので、1番に仕事。
友達を大切にする人が好きなので、2番に友達。
もう、3番で いい。君が一番だよとか言ってる男はいらない。
それでいて、ここぞと言うときは、
いつでも、新條を一番に持ってこれるだけの心の余裕がある人。
ここぞと言うときというのが、どういうときなのか、
それもわかってくれる人じゃないとダメですね。
ないがしろにしてるから3番目じゃないってことです。
だって、仕事って、なにかを守るためにあるものでしょ?
そして、尊敬できる人。自分にないものを持ってる人。
あ・・・あれ?なんか、条件多いなぁ・・・これだから・・・(以下略)
つか、長いよ、自分。
もはや、もらってくれる方がいればどなたでも・・・という状態だろうに・・・(自爆)

続いてリリコさんからの質問です。

私の彼、おうちがあまり裕福じゃなくて、
今年高校を卒業したら友だちの先輩がやってる夜のお店で働くって言ってます。
ホストクラブみたいなところじゃないみたいだけど…でも心配なんです。。。。。。。
私は大学生になるので、会話とか合わなくなったらどうしようとも思って…
しかも私お酒飲めないし…
でもお金のことだけは口出しできないので、止めることもできません。
うまく続けていけると思いますか?
目標のお金を稼いだら辞めるって言ってるのですが…。
夢があったら大丈夫なんでしょうか。


その彼の夢ってなんでしょうか。
単にお金を稼ぎたいとか、お金持ちになりたいってことで
夜のお仕事を始めてしまうと、流されてしまう人が多いです。
ただ、男の人の夜の商売はホスト以外、
時給がちょっとだけ高いだけで、本当に大変。
気も遣うし、おいしいことなんてないし。好きじゃないとやっていけません。
ホストだって、女の子にちやほやされて、モテて華やかで派手に見えるけど、
それはほんの一部ですからね。
しかも、そのほんの一部の派手な人たちだって、人一倍努力してるんです。
もし、彼のことが心配だったら、もっと彼といろいろ話してみては?
夢のこと、将来のことなど。
もしかしたら、素直に応援できるかもしれませんよ。
家が裕福じゃなかったら、絶対に親には頼れない。
でも夢があるし、そのために必要なお金、揃えたいものがあるってことなら、
大丈夫だと思います。
それで夜の仕事に流されて、リリコさんを泣かせるようだったら、
それまでの男ですよ。
わたしはむしろ、リリコさんが大学に入ってどうなるかというのが心配です。
新しい出会いがたくさんあるわけですから。
若い時期は、始めてみなきゃわからないことがたくさんあります。
彼の可能性、自分の可能性。会話が合わなくなると言う以前に、
今まで同じものを見ていた二人が、違うものを見始めるわけです。
社会人と大学生。価値観が違ってきても、なおいっしょにいたいと思えるか、
お互いの生き方を尊重しあえるか、それは歳を重ねても難しいことです。
とにかく、始めてみる。始めてから何かにぶち当たったら、またそこで悩む。
心配になる気持ちはわかりますが、今はお互い自分の道を進んでみることを
オススメします。

cpiblog00709 at 00:00│TrackBack(0)││まゆたんお悩み相談 

トラックバックURL