2008年07月22日

略し方

新作の読み切りが10月号で掲載されるジャンプSQ.ですが
先日、マーガレットの編集さんたちとお食事した時、
ジャンプSQ.の話になって
新條が「ジャンスクが〜」と話したら
編集さんが「へぇ〜そんな風に略すんだ〜」と驚かれました。
「ああ、これ、ASUKAの編集さんに今度の読み切りのお話しをしたら
『ジャンスクに載るんですか!』って言うんで、
世間はそういう風に略すんだと思ったんです」と答えたのですが、
マーガレットの編集さんはSQ(えすきゅー)と言うそうです。
で、当のSQ.の担当さんは「スクエア」って言ってました。
いろいろですね。
で、ジャンプ系はいろんな雑誌があるわけですが
じゃあ、どう略してるんだって話になったんです。
週刊少年ジャンプは新條の場合普通に「ジャンプ」なんですが
編集さんたちは「週刊」って言うそうです。
なので「でも、週刊だったら、ヤンジャンも週刊ですよね」というと
「そうだね〜でも、ヤンジャンはヤンジャン、ジャンプは週刊って呼ぶなぁ〜」と。
その他だと、うちのスタッフはビジネスジャンプを「ビージャン」、
スーパージャンプも「スージャン」と呼んでいますが、
編集さんはスーパージャンプは「スーパー」って仰ってたような・・・。
新條の場合、フルネームで呼んでるんですが、
集英社の社内では、「ジャンプ」というのは省略するみたいですね。
みなさん、雑誌ってどう略してますか?

ところで、ジャンプSQ.ってSQの最後にドットがつくんですが
あれって、なにか意味があるんでしょうかね。
今度聞いてみないとなぁ。

cpiblog00709 at 15:41││メッセージfromまゆたん