2008年12月04日

修羅場中の音楽

最近聴いている音楽はやっぱりギターがガツンと来る曲。
なぜか、原点回帰するようにビジュアル系を聴いています。
昔はそれこそ、ビジュアル系というだけあって
結構、ボーカルの顔とか重要だったんですが、
今聴いてるナイトメアとかthe GazettEとかは
ボーカルの名前も顔も知りません。
純粋に音楽が好きだったりする。
キャッチーなメロディーラインにギターを乗せられると弱い。
あと、ナイトメアは歌詞がすごく好きです。
歌詞ってすごく大事。なんかちょっと、ダークな色気がある感じが好き。
B-Tのあっちゃんが書く詞とか天才的すぎる。
あれが最高峰ですね。


『Killer-Show 』ナイトメア


『STACKED RUBBISH』the GazettE

そ・し・て
なんと17年ぶりのニューアルバムを出した
GUNS N' ROSES!!!
チャイニーズデモクラシー!!
アクセル!!!
新條が中学の頃すごく聴いてたバンドです。
アルバムも全部持ってます。
当時はヘヴィメタが流行っていて、ガンズは頭一つ
抜きん出てたというか、そう言う次元のバンドじゃなかったと言うか
なんか、カリスマ性があったんですよね。
やっぱり、かわらずかっこいい。
音の作り込み方とかバランスとか日本のバンドとは全然違う。
いいスタジオ使ってるとかなのかな。
腕のいいミキサーさんがついてるからなのかな。
テクニックとかじゃなくて、音の質が全然違うんですよね。
わかりやすいいい方をすると、日本のバンドの音が10種類あるとしたら
このアルバムの音は1000種類くらいあるというか・・・・
いや、だからと言っていろんな音が入ってるって言う意味じゃなくて
なんというか、細かいというか繊細な音まで拾ってるというか・・・
全然わかりやすくない!!!すみません・・・・
で、中身はというと、ヘヴィメタというよりは、
90年代グランジロックっぽいところもあるし
レニー・クラヴィッツ的なところもあれば、マリリン・マンソン的なところもあり
昔のガンズを期待するとガッカリかもしれませんが、新條は好きです。
バラードは往年のガンズっぽいかな。
とにかく、音の質が好きです。(そこかよ)
皆さんもその耳で確かめてください。


『チャイニーズ・デモクラシー 』ガンズ・アンド・ローゼズ 

cpiblog00709 at 23:08││music