movie

2008年10月07日

『容疑者Xの献身』

今日は新宿まで映画を見に行って、その後母とショッピングしました。
で、見た映画は「容疑者Xの献身」
感想は・・・・見なきゃよかった(涙)・・・・・・orz
こんなに泣くなんて見なきゃよかった!と思えるくらい感動しました!
そんなわけで、ネタバレはないですが、感想は非常に長いですので、あしからず。

新條って映画を映画館で見るのが苦手です。
人が気になっちゃうし、ましてや人がいるのに泣くなんてもってのほか。
泣けそうな映画は絶対に映画館で見たりしません。
にもかかわらずこの作品、後半ずーーーーーーーっと、泣きっぱなし!(爆)
この作品、こんなに感動するなんて、誰も言ってなかったよ!
テレビの延長だと思ってよ!!
「テレビドラマよりは重い」っては言ってたけど!!
絶対映画館とかで泣きたくなかったのに、我慢出来ませんでした。
そのぐらいの感動。いや、切ないんですよ。
とにかくもう、堤真一さんです!
あの人の演技力がハンパないってことが身にしみてわかりました。
よく、堤さんと共演された女優さんとか俳優さんが
勉強になったとか、すごい役者さんだとかおっしゃってるのを
インタビューとかで聞いてはいましたがここまでとは・・・
目で演技をするってこのことなんだって・・・・
いつも同じテンションでの演技なのに、目線の持っていき方や目の動き一つで
感情を表現したりするんですよ!
素人の新條でも、すごいと思いました。ほんっっっとうにすごいです!!
彼じゃなかったら、ここまで号泣できなかったかもと思えるくらい。
で、湯川(福山さん)と石神(堤さん)の友情が萌えるですよ。
ああでも、萌えるとか、そんな俗っぽい表現で言いたくないな。
もっと崇高だと思う。天才は天才を愛す。
いつもはピリッとしてる湯川なのに、石神と話す時の子供のような笑顔とか
いままで石神を親友と思っていた湯川が初めて石神を疑う時の表情とか
なんか、やっぱりガリレオ先生は素敵でした。
「愛とか恋とかは理解出来ない。」といつも言ってますが
あの人わかってますよ。本当は知ってる。
だから、内海刑事(柴咲コウちゃん)と距離を置くのかな。
そうそう、不満があるとすれば、湯川と内海刑事の恋の進展がもうちょっと見たかった。

で、ストーリーのほうですが、新條、原作読んでません。
あの映画が原作通りだとしたら、すばらしい作品ですね!!
ちょっと、読んでみようかな。
でも、前情報やネタバレを知らないで観た方が絶対楽しめます。
そうだったのか!と思った瞬間、涙が止まりませんから。
伏線の張り方もすばらしいし、とっても丁寧にドラマを作ってあります。
カメラワークとかも、ドラマ版は斬新な表現を多用してあったり
派手だったりしてましたが、この作品では実にオーソドックスです。
それだけに、キャラの思いや感情がスーーッと入ってきます。
描きたいのは、人間ドラマ。それに特化した作りになっています。
この作り方、カメラワーク、「白い巨塔」に似てるなぁ〜と思って
帰って調べたら、やっぱり、白い巨塔の演出の人が監督だった!!!!
新條が一番好きなカメラワークをする人なんですよね。
そりゃうまいはずだ!
なるほど、西谷監督、ドラマ版はエンタテイメントを狙っていて
映画版は人間ドラマを狙ってる。そんな気がしましたよ。
わかりやすく言うと、ドラマ版は少女漫画的演出で
映画版は青年漫画的演出って感じでしょうか。
そもそもドラマ版と映画版では、
視聴者へのアプローチの仕方から違う気がするんですよね。
でもこの監督、人間ドラマの方が本領発揮だし、きっと好きなんだろうな。

そんでね、主題歌の「最愛」がやばいくらい切ないんですよ。
この映画を見るまではあの曲の歌詞があんまり心に入ってこなかったんです。
でも、一番感動するところであの曲のメロディーがインストで流れて
その瞬間、歌詞がドカンと入って来た。
「夢のような人だから〜」とか「愛さなくていいから〜」とかの部分。
ただでさえ、そうだったのか!と感動して号泣してるのに
歌詞の意味まで心に響いて来て、さらに号泣。
今でも、「最愛」聴いただけで泣ける。あの歌詞を見ただけで泣ける。
この現象は何かに似てるな。
そうだ!「時をかける少女」!!
新條、あの主題歌をカラオケで歌って、途中泣いて歌えなくなったんです。
その現象再び。
ようやく涙が収まったかと思ってるところに、
エンディングで「最愛」が流れるものだから、また号泣。
しかもこの曲、歌詞がわかりやすく伝わるようなアレンジが施してある。
コウちゃんの歌声は変にいじることなく、ストレートに耳に響いてきます。
そんでもって、後半30分とかはずっと泣いてました。
その後、電王も見ようと思ってたのに、見る気が起きず、
そのまま、泣きはらした顔でショッピングしてました。(笑)

とにかくダラダラと書いてしまいましたが、みなさん、是非見てください。
こうやって思い出してるだけでも、泣ける・・・・
ここ最近見た映画でナンバー1です。
(って新條、あまり本数見てないですが(;^^)ゞ)
そんで、新條ひねくれ者なので、あからさまな感動作は苦手なんです。
人が死んだり、病気ものだったり、動物ものだったり・・・・・
でもこの作品は純粋にドラマで泣けます。切ないです。
ホントにすばらしかったです。
最初っから引き込まれて、あっという間のエンディングでした。
推理サスペンスの仮面をかぶったとんでも感動作です!

cpiblog00709 at 23:03|Permalink

2008年09月14日

ポニョ

先日、愛犬のキラたんを連れてヒルズに行き、
シャンプーをさせてる間に、映画を見てきました。
「崖の上のポニョ」
新條の周りでは賛否両論な作品でしたが、
新條は素直に、すごいと思いました。
子供が見ておもしろいかどうかは大人なのでわかりませんが
子供に見せたい、夢あふれる作品でした。
なんと言ってもすごいのは、あの発想力。
海の中をあんな風に表現出来るなんて・・・と思ったり、
波の感じ、家の感じ、車の感じ、そのほとんどが
絵本から抜け出たような独創的な表現力で描かれています。
絵本なら、作家一人が自分の頭の中のものを紙に表現すればいいだけですが、
監督の頭の中をアニメにしてるってところがすごい。
スタッフ一人一人に、その頭の中の情景が伝わらないと描けないし、
色彩にしても、表現にしても
スタジオジブリのスタッフは監督が何を描こうとしてるか
理解することから始めなきゃいけないわけだし
それをこうやって形にするってことは
スタッフ自体が、相当柔軟な発想力と表現力を持ってないと
出来ないんだろうなと思いました。
あるものを本物そっくりに描くのは意外と簡単ですが、
人の頭の中の世界なんてわからないですからね。
宮崎監督もさることながら、スタッフにも脱帽。

また、アニメならではの表現がたくさんあって
「アニメってこうじゃなきゃ!」と思いました。
車がこんな動きしないとか、波はこんな風にならないとか
舞台は現代なのに、アニメ的な表現がたくさんあるんです。
新條なんか、頭がすっかり硬くなってるから
車の動き一つとっても、ああいう表現は絶対に出来ない。
宮崎監督の頭の柔らかさと言うか、発想の柔軟さにただただ驚くばかりです。
アニメだからこそ、表現出来るたくさんの夢あふれるシーン。
アニメってこういうのだったよね、これがアニメだよねと
改めてアニメの良さを再認識出来ました。
とっても素敵な映画でしたよ。
ものを創る人間がこれを見たら、自分の仕事を振り返ってみるだろうし
原点に戻ろうと思うだろうな。
とってもおすすめです。
頭を空っぽにして見に行ってみてください。
とっても頭が柔らかくなると思います。

cpiblog00709 at 19:17|Permalink

2008年05月24日

観てきました!

映画

今日は劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事を
知り合いと観に行きました。
意外とお子様連れのお母さんは少なかったです。
もう、公開して結構たつからかな。
新條的に「俺、誕生」の100倍くらいおもしろかった!(爆)
もうね、なんでもありのハチャメチャがたまらない。
おもしろさ優先、キャラ立ち優先。
仮面ライダーキバの瀬戸くんが出て来たとき、隣の小さな男の子が
「キバ!」って叫んでるのがもう、たまらなくかわいかった!!
イエス!新條も心の中で叫んでいたよ!(同レベル)
いいなぁ〜新條も自分の子供と仮面ライダーを観に行きたい。
戦隊ショーとかではしゃぐ子供ってかわいいですよね〜
で、大人2人は相変わらず佐藤健くんのモモタロスにときめいてみたり
デネブと侑斗の親子漫才に萌えてみたりしていたわけですよ。
で、終了後、ああ〜おもしろかった!と満足していたら
おもむろにキバの夏に公開される劇場版の予告が・・・
なんか、瀬戸くんが女の血を吸ってその口を手の甲で拭いながら
振り向くというとんでもシーンが流れて
新條の心はすべて持って行かれました。
なんだったんだ!俺の1時間10分は!!!!(爆)
そんな劇場版のCMはここでも見れます。
ああああ・・・・観に行くか・・・・行くしかあるまい。
相棒の劇場版も気になるところですね。

cpiblog00709 at 21:16|Permalink

2008年04月29日

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

エヴァDVD

これ、いつ見れるんだろう・・・・
ギアスはルルが「ボロ雑巾のように捨ててやる!」などと
殺傷力の高い台詞を吐いているらしいし・・・
完全に手が止まるので、修羅場中に流せないし・・・
せつないなぁ。

cpiblog00709 at 12:43|Permalink

2006年06月06日

オーメン

06年6月6日。
今日はオーメンの日らしいです。
そんな新條はオーメンのDVD BOXとサントラのCDを持ってるほどオーメン大好きです!!
見たい!!映画、見たいよぉぉぉ。
中でもオーメン2 ダミアンは何度見たことでしょう。
で、先日修羅場の時にオーメンの話になって、「軍の幼年学校だよ!ギムナジウムだよ!!
兄弟のように育った仲良しさんだよ!!」とオーメン2の萌え要素について
アシさんにひとしきり語ると、アシさんももの凄く見たくなったらしく
「あまり怖くなさそうですね・・・見てみたいかも・・・」というので
新條力一杯、「怖くないよ!かっこいいよ!」と説明し、おもむろにサントラを流しながら
「新條、これを夜中にゾクゾクしながら聴くのが好きでさぁ・・・」というと
アシさんにダダ引きされてしまいました・・・
「先生・・・この曲だけで充分怖いんですけど・・・」というのです。
確かに「悪魔の賛美歌」とかいうタイトルだけでちょっと、いや、かなりオカルトですが、
音楽的には、ゾクゾクする美しさがあると思ったんですけどねぇ。
相当前に作られた曲なんですが、(それこそ30年くらい前でしょうか)
これ以上に、恐怖にも似た美しさを感じる曲はそうそうはないですね。
やっぱり変かな・・・・
ホラーは好きではありませんが、オカルトは好きな方です。
だいたい、悪魔が出てきて、それが美しい男なら、もの凄く見まくります。
そんなわけで、オーメン。
たぶん、映画館には見に行かないでしょうね。
あれは一人、ひっそりと楽しむものですから。
ところで、最近テレビも見てないし、情報も入ってこないので、このオーメンの映画が
どんな映画かってことがまったくわからないのですが、
悪魔役のいい男は出てるんでしょうか。(笑)それが重要です。

cpiblog00709 at 06:06|PermalinkTrackBack(0)